このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

March 31, 2020

Please reload

最新の記事

世の中には二種類の人間がいる

March 10, 2020

 

 

「世の中には二種類の人間がいる」

 

 こういう言い回しを、小説やドラマの中でよく見かけることがあります。これにならって、これからのお話しを表現すると、

 

世の中には2種類の人間がいる。

「私にわかるように話せ」

という人間と

「私が理解してみせよう」

という人間が――

 

とでもなりましょうか。以下は若かりしころの私の体験です。

 

 取引先に電話をすると、年配の男性が受話器を取りました。用件を話したところ、担当部署に電話を回してもらうことになりました。

 

「失礼ですが、もう一度お名前をお願いいたします」

 

 そこで、私が自社名を言いかけると、その言葉をさえぎって、

 

「いや、あなたのお名前です」

 

と、再度質問されました。そこで自分の名を名乗ったわけですが、このなんてことのないやり取りに、一種の気づきを得ることができました。

 

 相手方の質問は、

「(担当者の)お名前をお願いします」

のつもりだったことは明らかです。しかし、私は、社名と部署名、さらに電話を掛けた私の名前と考えて答えようと考えたのです。

 

 そこで、私が相手側だったらどうしただろうと想像しました。おそらく、相手の答えがこちらの意図とは違っていても、途中でさえぎらずにすべて聞いたことでしょう。仮にそれが、社名や担当部署を答えるところで止まってしまったならば、

 

「ありがとうございます。ではご担当者のお名前をお願いいたします」

 

と聞いたことでしょう。

 

「新人類」などと呼ばれる世代が出現した1980年ごろのこと、

 

「言わなくともわかるだろ」→わからないから迷っているんだ!

「そんなの、常識だ」→あなたの常識なんて知らないよ!

 

というやり取りが、一部で繰り広げられました。

 

 自分が当たり前だと思うことが、人によっては当たり前でないことなど、いくらでもあります。そうしたことを理解すると、生きるのが少しだけ楽になるかもしれません。それに気づかせてくれたあのときの取引先の男性に、私は感謝しています。

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

March 31, 2020

Please reload

Please reload

過去の記事