March 31, 2020

Please reload

最新の記事

多くの方のおかげで

February 20, 2020

 

 私は、子供のころ体が弱く、難病指定を受けていた病気に罹っていました。小学校一年のときは、最初の一学期しか学校に通うことができず、2年生が始まってもまだ入院していました。

 

 そんなとき、父の母、私にとっての祖母に、以前、助けていただいたとおっしゃる方々が、私が入院していることを耳にして、家に訪ねてこられました。入院期間が長いことを聞いたその方々から、父はいろいろなアドバイスをもらい、また体によい食べ物をいただくなど、物心共に助けていただいたそうです。

 

 その後、快復した私は、大人になってから父に、「あなたの今があるのは、周りの人たちに助けていただいたのだよ」と教えられ、さらに小学校1年生のときの担任の先生についても話をしてくれました。

 

 小学校1年生のときに一学期しか学校に行っていないということは、おそらく出席数が足りなくて、進級ができなかったはずです。その当時、父と母と担任の先生とで話し合いの機会を持ったときに、先生がこうおっしゃったそうです。

 

「お嬢さんがこのまま進級せずに、もう一度1年生になるという話になると、一学年下の子たちと勉強していかなければならない。大人になったときに、それがお嬢さんにとって良い結果を生むのかどうかは、わかりません。よろしければ、私が病室に教えに行きましょうか」

 

 実は、担任の先生は、私の病室に、毎日のように来られていました。何も知らない私は、“この先生は、なんで私が入院しているところにやってくるのだろう? なんでこんなにいっぱい勉強しなければいけないんだろう”と思っていました。

 

 でも、その先生がいて、毎回プリントを持って来て、教科書でわからないところを教えてくれて、「今、こういう勉強をしているよ」「学校の行事はこんなことがあって、クラスのみんなは君が帰って来るのを待っているよ」という声掛けを、ずーっとしてくれました。そして、二学期、三学期と成績をつけてくれたおかげで、私は無事に2年生になることができたわけです。おかげで、みんなと年齢とともに同じ年を重ねることができました。

 

 私は、心配してくださったたくさんの方々のおかげで快復し、その担任の先生が病室まで教えに来てくださったおかげで、学力をつけて以後の学校生活を送ることができました。

 

 多くの方々のおかげで、現在に至っているということを忘れずに、生活していかなければいけないと、あらためて思う今日このごろです。

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

March 31, 2020

Please reload

Please reload

過去の記事

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round