March 31, 2020

Please reload

最新の記事

子供のために、何ができるのか

September 30, 2019

  令和元年10月より、消費税率が引き上げられます。それに伴い、幼児教育の無償化が始まります。おおざっぱに言うと、満3歳以上の幼児の幼稚園や保育所の利用料が無償化されるわけで、我が家でも上の子の利用料が無償となります。国民の納めてくださった税金の恩恵を受けていることを思うと、感謝の念がわいてきます。

 

 私は月刊誌『れいろう』の編集に携わっており、7月号の特集テーマは「子供が幸せになる育て方」でした。この時、松浦勝次郎先生(1939-2019。モラロジー研究所顧問)のインタビューをする機会をいただきました。先生からは「永続をめざす大事業――子育ての使命に熱意をもって」というタイトルで、なぜ子供を育てるのかという根源的なお話や子育ての覚悟、家庭内の方針を一貫させるという具体的な子育ての指針など、多岐にわたって伺いました(※『れいろう』7月号については、こちら をご覧ください)。

 

 インタビューを終えて、お茶をいただきながら、先生と雑談をしているときに、ポロっとおっしゃったことがあります。それは、

「子供は国の宝ということで、今、日本政府がいろいろな子育て支援を行っています。多種多様なところにお金をかけて子育てをしている層をサポートしているけれども、そのような子育て支援というのは、本当の子育て支援なのでしょうか。

 

 それらは子育て支援ではなく、親が子育てをしなくてもよい支援ではないでしょうか」

という言葉でした。

 

 そう言われて、私はハッとしました。社会全体で子供を育てるという考え方は正しいと思います。いろいろな給付金や今回の幼児教育・幼児保育の無償化などもそうですが、日本においては子育てが金銭的な面で、とても楽になっています。ただ、精神面はどうでしょうか。親が子育てに心を傾けることの重要性は言うまでもないことです。金銭的支援によって子育てが楽になったことで、どれだけの親が子供のために時間を割いたり、手間をかけたりするようになるか。子供が本当に幸せになるのかというと、確かに疑問はたくさん残ると思っています。

 

 松浦先生は、『れいろう』7月号の発行を待たずに亡くなりました。そうした経緯もあり、先生との雑談から最後に課題をいただいたように思います。しばらくは先生の言葉を思い出しながら、子供たちに接していくことになるのだろうなと感じています。

 

 保育の無償化が始まり、自分自身が親として楽になったその分、子供のために何ができるのかと考えるも、なかなか答えは出そうにありません。私の両親や周囲の先輩方からヒントをいただきながら、考えていきたいと思っています。

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

March 31, 2020

Please reload

Please reload

過去の記事

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round