このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

最新の記事

他人のせいではあるものの……

August 10, 2019

 

 

 ある日、常務に呼ばれて常務室のあるフロアーへ行き、書類を受け取ったときのことです。自分の部署に戻ろうとエレベーター前で待っていたところ、ドアが開くとそこにはなぜか常務の奥様が。

 

 私が笑顔でご挨拶をしようとした瞬間……。

 

「電話で“ホールで待っているから”と言われたのに、誰もいなかったじゃない。○○社長とのお約束の時間が迫っているというのに。早く社長室まで案内して!」

 

 突然、奥様に叱りつけられました。電話も何も、その日に奥様が来社することすら知らなかった私は、混乱しながらも社長室まで案内しました。

 

 その後、自分のデスクに戻るも、形容しがたい感情に心が包まれ、その日一日、陰鬱とした気分が晴れることはありませんでした。

 

 少し冷静になってから思い当たったことは、他の部署の誰かが、常務の奥様に待ち合わせ場所もしくは時間を間違って伝えたか、奥様自身の記憶違いだったのだろうということです。その時は腹立たしかったのですが、少し落ち着いてから思うところがありました。

 

 状況的に誰かのミスで私が叱られたわけです。その誰かはミスを犯したことを知りません。私も、過ぎたことで犯人捜しをしませんでした。なぜなら、今回と同じように、私の知らないところで私が犯したミスで誰かに迷惑をかけ、私の代わりに叱られた誰かがいるかもしれない可能性に、はたと思い当たったからです。

 

 常務の奥様に叱られたことは、自分への戒めと受け止めて、将来に生かすこととしました。

 

 その出来事に限らず、仕事をしていると、理不尽なクレームをぶつけられることがあります。そんなときには、以下の言葉を思い出し、自分の更なる成長の機会であると捉えています。

 

  苦しいこともあるだろう

  云い度いことも阿るだろう

  不満なこともあるだろう

  腹の立つこともあるだろう

  泣き度いこともあるたろう

   これらをじつと

    古らえてゆくのが

  男の修行である

            山本五十六

(「山本五十六元帥語録」より)

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

Please reload

過去の記事