このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

最新の記事

君が誰かを安心させる側に

June 10, 2019

 

「安心」という言葉はいろいろなところで見る機会がありますが、安心自体がどういうものであるか説明しようとすると、はたと考えてしまいます。ネット上では、スヌーピーの名言として、次の言葉を見ることができます。

 

「安心って言うのは車の後部座席で眠ることさ。前の席には両親がいて、心配事はなにもない。でもね、ある時、その安心は消え去ってしまうんだ。君が前の席にいかなきゃならなくなるんだよ。そしてもういない両親の代わりに、君が誰かを安心させる側になるんだ」

 

 初めてこの言葉に触れたとき、私は大きく心が動かされました。

 

 私の父は、助手席に母、子供の私を車の後部座席に乗せ、よくドライブに出かけていました。先の言葉通り、車の後部座席には心配事は何もなく、座ったと同時に寝入ったものでした。

 

 私が成長して中学生か高校生になった頃、私の指定席は助手席になりました。助手席にも心配事はなかったものの、寝入りそうになるたびに、後ろに座った母が「助手席の人が寝ると運転手も眠くなる」と言って、私をつついて起こしていたことを思い出します。

 

 そして現在、私が運転する車の後部座席では、寝息を立てながら娘と息子が眠っています。車に乗ってすぐに寝入ってしまうのは、遺伝なのかなと微笑ましくなります。子供の寝顔を見ると、車の後部座席だけではなく、安心があふれる家庭、心配事なく眠れる我が家をつくっていかなければと思うばかりです。

 

 将来、子供たちも運転免許を取得し、自分の子供を後部座席に乗せることになるかもしれません。そのとき、自分が安心して後部座席に座っていたことを思い出し、「今度は自分が安心させる側になったのだ」と気づくのだと思います。良いことは順送りで後世に伝播して、多くの安心が世にあふれてほしいと、思わずにはいられません。

 

※参考:Offinet「スヌーピーたちの人生案内と、伝説の名言」

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

Please reload

過去の記事