このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

最新の記事

和をもって、認め合う

November 9, 2018

 

 私たちが、先人先輩から受け継ぎ、大切にしてきたものの中に「和の心」があります。

 

 これを説いた言葉の一つに、聖徳太子の「和を以て貴しと為す」(互いに和を大切にして、人と争わないようにしなさい)があります。これは「十七条の憲法」の第一条に述べられています。

 

 太子が生まれた時代、豪族たちはさまざまな利害のもとに争い、混迷を深めていました。太子は争いを収めて、天皇を中心とした秩序ある国をつくりたいと願いました。そのために「冠位十二階」を定めて有能な人材を役人に登用したり、「十七条の憲法」で豪族や役人の心がまえを説いたりしました。そして、その根底に置いたものこそ、「和」の精神だったのです。

 

『論語』(子路篇)には、「和して同ぜず」という言葉もあります。「人と争わず仲よくすることは大切だが、自分の意見をしっかり持ち、むやみに調子を合わせたり、道理に反したことに賛成したりしない」という意味です。

 

 責任を持って自分の意見を述べながらも、相手の個性や意見を尊重し、建設的・平和的に物事を運んでいくところに、「和」の精神の真価が発揮されるのです。反対にお互いの本当の思いや考えを知らずに、うわべだけで仲よくする「同じて和せず」の関係に陥ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

「和を以て貴しと為す」の精神は、近年の野球やサッカーなどのスポーツに見られる「チーム・ジャパン」からも感じ取ることができます。ふだんは異なるチームで活躍する選手が、〝ジャパン〟というチームのために切磋琢磨し、それぞれの役割を考え、協力していくことで、大きな力が生まれるのです。「和」の精神を持って結束する姿は、私たちにその大切さを再認識させてくれます。

 

 私たちは互いに支え合って生きています。よりよい人間関係をつくっていくためには、自分の思いばかりにとらわれるのではなく、みずからを律し、研鑽し、そのうえでどう周囲の人々に尽くし、協力していけるかを考えていくことが大切といえるでしょう。周囲と親しみ、尊敬し、認め合う心を磨くことに心がけて日々を過ごしたいものです。

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

Please reload

過去の記事