このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

最新の記事

祖母が教えてくれたこと

July 30, 2018

 

 

 シンガーソングライターの植村花菜さんが歌う『トイレの神様』がヒットし、日本レコード大賞優秀作品賞、作詩賞を受賞したのは平成22年のことでした。

 

 この曲は、植村さんが小学校3年から23歳までに経験した実話を元に、おばあちゃんと遊んだ子供時代から、家族とうまくいかなかった思春期、そして祖母の最期を見送るまでが、描かれています。サビの歌詞も、実際におばあちゃんから「トイレ掃除をすると、べっぴんさんになれるんだよ」と言われた言葉をもとに作られたそうです。

 

 初めて曲を聴いたときは、懐かしい情景が頭に浮かび、なんだか目頭が熱くなりました。女性の歌声が、男性である私の心に響いたのは、自分の子供のときの思い出と、重なるものを感じたからだと思います。

 

 私の実家には、99歳になる祖母がいます。毎日、新聞の隅々にまで目を通し、夜はビールを晩酌し顔を赤らめる姿は、まるで仕事のあとの一杯を楽しむお父さんのようです。

 

 幼かった私に祖母は、「毎日をありがたいという気持ちで過ごせば、必ず幸せになれるんだよ」と話をしてくれました。そして「悪いことをしても、神様はいつでも見ているんだよ」とか、「お米には八十八の神様がいるから、残してはだめだよ」など、日常の会話から物事の善悪を教えてくれたものです。

 

 子供のころは、「また、おばあちゃん、同じことを言っている。うるさいなあ」と思ったこともしばしばありました。しかし、祖母の言葉の多くが、今の自分の考え方の元になっていることに気が付きます。

 

 一日の終わりにその日を振り返るとき、なぜか祖母の姿が脳裏をよぎることがあります。あのときの祖母は、私の未来を案じて、いろいろなことを教えてくれていたのだと、実感できるときでもあります。

 

 祖母からの教えを大切に日々過ごすことが、一番の祖母への恩返しとなると信じて、今日も過ごしていきたいです。

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

Please reload

過去の記事