このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

最新の記事

「正しい意見」は一つだけ?

April 30, 2018

 

 学校や職場、地域社会などで、大勢の人たちと協力し合って物事を進めるとき、意見が衝突した経験はないでしょうか。

 

 私たちの物の見方や考え方は、人によって異なるものです。自分の意見を持つことは大切ですが、「自分は正しい」という思いばかりを募らせると、異なる意見を持つ人に対して必要以上に防衛的になったり、逆に攻撃的になったりするものです。そうなると、お互いの間に不信や不満を生じて、物事はうまく運びません。お互い十分に話し合ったうえで、それでも意見の一致を見ないときは、ひと呼吸置いて、視点を少しだけ変えてみましょう。
相手の立場に立って物事をとらえ直すと、相手の意図や気持ちがよく理解できることがあります。また、第三者の立場に立って、公平な視点から自分と相手の意見を見つめてみることも大切です。すると、より高い視点から、広い視野をもって解決の糸口を見つけることができるのではないでしょうか。

 

 何より忘れてはならないのは、相手を尊重し、お互いを補い合おうとする心です。「自分の意見こそが正しい」と思い込み、それを押し通そうとする態度で臨めば、善意に基づく意見であっても相手には押しつけがましく受け取られ、人間関係にひびが入ってしまうことにもなりかねません。しかし「補い合う」という気持ちになれば、「自分も相手から教わったり、助けてもらったりする面がある」ということですから、相手の意見にも謙虚に耳を傾けることができるのではないでしょうか。すると信頼と協調の関係が生まれ、自分と相手だけでなく、周囲にも安心が広がっていくことでしょう。

 

 これは人間関係を円滑にし、物事を建設的に運ぶためだけではありません。自分自身の物の見方や考え方を広げ、人間的に成長していくためにも大切なことなのです。

 

平成30年5月号

 

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

Please reload

過去の記事