このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

最新の記事

「うーん、もういいの」――子供と親の成長

November 20, 2017

 

 幼児期における親子の心と心のつながりは、幼い子供の心の成長に大きな影響を与えます。

 

 ――わが子が笑う、親も一緒になって笑う。子供が泣く、親はおだやかに向き合ってその子の悲しみの心を感じ合う――親子の心が響き合う姿は大変に美しいものです。そして、子供が親の愛情を感じるとき、その心は安定し、親への信頼感が芽生えていきます。

 

 ところが、日常のあわただしさに追われていると、親はしばしば子供の心を受け流してしまうことがあります。

 

 以前、こんなエピソードを聞きました。

 母親が台所で食事の用意をしていると、幼稚園に通う女の子がやってきました。

「お母さん、あのね~」

「何よ」

「今日ね、幼稚園でヒヨコ生まれたの」

「そう、ちょっと待ってね、お母さん、今、忙しいんだから」

「…………」

(しばらくたって)

「さっきの話、なあに?」

「うーん、もういいの」

 女の子は、ヒヨコが生まれた喜びや感動をお母さんに伝え、一緒に喜んでほしかったのでしょう。しかし、その心は途切れてしまいました。

 

 子供は、内容(事柄)を伝えるよりも、感情(気持ち)を伝えたくて、親に話しかけることが多いのです。ですから、話をしたいときに聞いてもらえないと、心は親から離れてしまい、話す気持ちが薄れてしまいます。

 

「お母さん」と声をかけて来たら、少し手を休めて、「なあに」と答えてあげてください。そして、子供の感情をしっかりと受け止めて、話をよく聴いてあげてください。子供は自分の話を聴いてくれていることがわかると、次々と話が出てきます。自然と会話が続き、親子の温かな心の交流が生まれてくるでしょう。

 

 幼い子供は、どんなときでも親との心と心のつながりを求めています。そうした子供の気持ちに心を向けていくことが、子育ての本来の姿ではないでしょうか。また、その努力が親自身の成長へとつながるのではないかと思います。

 

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最新の記事

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

Please reload

過去の記事