このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

February 28, 2020

 ある土曜日、妻が仕事で帰宅が遅くなったときのことです。娘が「小腹がすいた」と言うので、食費棚や冷蔵庫の中を覗いてみました。適当なものがなかったものの、お餅を見つけたのでオーブントースターで焼きました。

 私にとっては最高の焼き具合。しかし、娘は餅を口にすると、そのまま固まってしまい、食が止まっています。

“こんなに美味しいのに、なんで食べないんだろう?”と思い、聞いてみたところ、「醤油が甘すぎる」と言います。

 私の生まれ育った地方では、醤油に砂糖を混ぜて、甘くするのが常識だったので、無意識のうちにそうしていました。しかし、妻の故郷では...

February 20, 2020

 私は、子供のころ体が弱く、難病指定を受けていた病気に罹っていました。小学校一年のときは、最初の一学期しか学校に通うことができず、2年生が始まってもまだ入院していました。

 そんなとき、父の母、私にとっての祖母に、以前、助けていただいたとおっしゃる方々が、私が入院していることを耳にして、家に訪ねてこられました。入院期間が長いことを聞いたその方々から、父はいろいろなアドバイスをもらい、また体によい食べ物をいただくなど、物心共に助けていただいたそうです。

 その後、快復した私は、大人になってから父に、「あなたの今があるのは、周りの人たちに助...

February 10, 2020

 私たちの団体では全国各地で小学生等を対象としたエッセイ募集事業を行っています。次の物語は東北の担当者さんからうかがったお話です。

 ※

 その少女は、小学3年生のときに小児脳梗塞にかかりました。病院に行って手術をし、半年の療養の末、学校へ帰ってきました。帰ってきたものの、半身がうまく動かせなくなったままの状態でした。

 少女は体育がとても大好きでしたが、そうした状態のために体育ができず、大きなストレスを抱えるようになります。

 お父さん・お母さんは共稼ぎで、家にいてくれるのはおばあちゃんだけ。そのおばあちゃんに、少女は学校から帰るといつも...

February 1, 2020

 苦手――そこには、私たちがその物事に対して抱く嫌な感情、疎ましく思う気持ち、不快感などが見え隠れします。

 その感情は、どこから生まれてくるのでしょう。それは行き着くところ、自分自身の考え方や感じ方、または一時の気分や機嫌などから生まれていることが多いのではないでしょうか。つまり私たちが苦手と感じる物事そのものが「絶対的に悪いものだ」と言い切れることは案外少ないのではないか、ということです。

 ――蛙を好きな人と嫌いな人がいますが、嫌いな人は「蛙」と聞いただけで、嫌な気持ちになるでしょう。(中略)人間は、個人個人によって蛙に対しての好...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

March 31, 2020

Please reload

過去の記事
Please reload