このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

October 29, 2019

 過去に、家事について何度か夫とケンカに発展した話です。

 家事を分担して行う我が家。基本的に家にいる時間が長い私が主体となってやっています。効率を考えれば、そこに問題は感じません。しかし、作業のやり方が、夫と私では全く反対なのです。

 例えば、掃除。私は汚したらすぐにきれいにしないと気が済まないタイプ。でも、おおらかな夫は、散らかすだけ散らかしてから、一気に片付けるタイプ。「足の踏み場がない」と小言を言うと、「まだ大丈夫」「あと3パーセントくらい余白があるよ」などと返ってきます。

 シンクに食後の食器を置くにしても、夫が皿を洗うかもしれ...

October 19, 2019

 先日高速道路を気分よく走っていると、工事のために車線が合流することに気づくのが遅れ、直前で車線変更し、横を走る車に割り込む形となりました。同乗者からは「危険だよ。気を付けて!」と言われ、大いに反省しましたそんなときに、私は次のような一節を目にしました。

 ――車の速度が上がれば上がるほど、ドライバーが認識できる視野は狭まります。高速道路上で車を運転しているとき、インターチェンジの合流地点でスッと脇から進入してくる車にヒヤリとした経験がある人も多いでしょう。

 私たちの心も〝それはこうに決まっている〟〝自分は絶対に正しい〟という一方的な...

October 10, 2019

 労働災害において、「ハインリッヒの法則」と呼ばれる経験則があります。20世紀の半ば、アメリカの損害保険会社に勤務していたハーバート・W・ハインリッヒ(1886~1962)は、労働災害の発生状況を調べた際、ある法則を発見しました。それは、人命に関わるような重大事故一件の背後には、二十九件の中規模事故があり、さらにその背後には三百件の小規模事故、あるいは「ヒヤリ」または「ハッ」とした未然事故があるということです。

 この法則の関連で、1990年代、ニューヨーク市のルドルフ・ジュリアーニ市長の施政を思い出しました。ジュリアーニ市長は治安の...

October 1, 2019

 地域密着型のスーパーマーケットを経営するSさん。「地域の方々に喜んでいただける店づくりをしたい」という思いから、早朝の掃除を思い立ちました。

 店の周辺を1人で黙々と掃除するうちに、お店の人たちが出勤してきます。Sさんの姿を目にした皆は驚き、口々にこう言いました。

「社長、すみません」

「私たちがやりますから」

 そもそも、これはSさんが自分でやろうと決めた掃除です。Sさんは「いいから、いいから」と言うと、すがすがしい気持ちで掃除を続けました。

 ところが、それから1か月もたつと、Sさんの掃除は「朝の見慣れた光景」になってきました。毎日のこ...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

November 28, 2019

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

過去の記事
Please reload