このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

December 31, 2018

 3年後には、成年年齢が18歳に引き下げられることになりました。これに先立って選挙権年齢が引き下げられたこともあり、「大人になる」とはどういうことかについて、あらためて考える機会を持った方も多いのではないでしょうか。

 それは「投票する権利を得る」「親の同意を得なくても、1人でさまざまな契約ができるようになる」といった、法律上の問題だけではないでしょう。

 考えてみると、私たちが生まれたばかりのときは、自分の身の回りのことすら満足にできなかったはずです。それが家族をはじめとする周囲の大人たちのお世話を受けながら成長するうちに、やがて自分...

December 29, 2018

 相手のためを思って行動を起こしても、その結果が必ずしも「相手のため」にはならないケースがあります。

 私が小学校四年生のときの出来事です。算数の授業時間が終わる間際、先生がこんな問題を出しました。

「一辺の長さが一メートルの正方形の面積は、何平方センチメートルでしょうか」

 求められる解が「平方メートル」ではなく、「平方センチメートル」なのがミソ。私は何度かの間違いの後、正解にたどり着きました。私の隣席では仲よしの友人Fが、首をかしげながらノートの上の数字をにらんでいます。正解が遅れれば遅れるほど、休み時間が削られます。そこで私は、友人...

December 19, 2018

|

「ギブ・アンド・テイク」という言葉は、一般によく使われます。「与えよ。されば与えられん」は、イエス・キリストの言葉ですが、贈れば戻ってくるという道理を表しています。

 この「ギブ・アンド・テイク」という言葉、ギブ(与える)が先でテイク(貰う)が後。「テイク・アンド・ギブ」ではないところが面白いところです。まずは与えることが大切だということでしょう。

 しかし、この世の中には「テイク・アンド・テイク」の人、つまり相手からいかに多くのものを奪い取るか、言い換えれば義務を果たさず権利の主張ばかりしている人も見受けられます。

 さて、こちらがギブ...

December 9, 2018

 いのちを与え、養い育ててくれた親。それは私たちにとって非常に大きな存在で、成長して自立した後も、影響を受け続けます。

 恩返しの気持ちで親孝行をやってみるのですが、これがなかなかに難しい。良かれと思ってやったことでも、良い方向に受け取ってもらえない、なんてことも……。

●ケース1

 父親が突然の風邪、そのお世話をしている母親にもうつってしまう。そんな話を聞いたあなたは、休日を利用して家に戻ります。家事を片付けていくと、どうしたことかお母さんは不満顔。あなたの心の中に「せっかくやってあげたのに」という気持ちが頭をもたげます。――

 実は、親...

December 1, 2018

 ある日の休み時間、教室の入り口近くに紙くずが落ちていることに気づいたY君(9歳)。ゴミ箱はすぐそばにありましたが、Y君は少し考えました。

 “僕が落としたわけじゃないし……。それに、後で掃除の時間もあるんだから、きっと当番の人がきれいにするよ”

 Y君は落ちている紙くずを横目に、そのまま通り過ぎてしまいました。

 こんなふうに“自分がやらなくてもいいだろう”と思って見過ごしてしまっている物事が、皆さんの日常生活の中にもないでしょうか。

 例えば職場の中でも、特に役割分担が決められていない「小さな仕事」はあるものです。残り少なくなった備品...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

November 28, 2019

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

過去の記事
Please reload