このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

August 31, 2018

  「めんどくさい(面倒くさい)」──日ごろ、こんな言葉を口にすることはないでしょうか。


 家庭でも、学校でも、職場でも、「自分の好きなこと」や「自分がやりたいこと」以外を面倒と思う気持ちは、多かれ少なかれ、誰にでもあるものかもしれません。しかし、やらなければならないことを先延ばしにしたために、かえって面倒な事態を招くこともあります。


 例えば、相手のある仕事の場合、“面倒だな”と思いながら対応していたら、その気持ちは表情や態度にもにじみ出てしまいます。そんな気持ちを感じ取ったら、相手も快くは思わないものです。それがトラブルのきっか...

August 29, 2018

 数年前に亡くなった父は典型的な職人タイプで、頑固で曲がったことが大嫌い、真っ正直に生きた人でした。私が子供のころは、間違ったことをすれば、私の友人であろうとも、父は平気で怒鳴りつけたので、私も友人たちもいささか辟易していました。その反面、正直さゆえか面倒見がよく、何かと世話をやいたり、頻繁に声をかけたりもしていたこともあって、友人たちは「怖さはあるけれども人情味のある人」などと言っていたようです。

 優しい父親像が求められる現代では、いないタイプの父親だったと思います。その厳しさゆえに、当時の私は「優しい友だちみたいな父親」に憧れた...

August 20, 2018

|

 二宮尊徳(1787~1856)は

「すべての事はそれが善であれ、悪であれ、あることが発生するには必ずそれに相応する原因がある」

と言っています。

 また、

「近きを謀る者は、春植えて秋実る物をも、猶(なお)遠しとして植えず、只(ただ)眼前の利に迷うて、蒔かずして取り、植えずして刈り取ることのみに眼をつく、故に貧窮す」(『二宮翁夜話』より)

という言葉を遺しており、解説には、

「遠い先を考えて事をするものは富み、目先だけで動くものは貧乏をする。遠い先を謀る人は自然と富み、目先の利に迷い、春に蒔いて秋に実っても、まだ遠いように考えて蒔かずに取り、...

August 10, 2018

 忙しいときに携帯が鳴る。何かと思って確認すると、どう見てもスパム(迷惑)メール。仕事が立て込んでいる状況のときには、怒りを覚えつつ、目を通すことなく機械的に削除します。

 先日、妻が誕生日を迎えた折、知ってはいたものの、その日は家族全員が忙しく、誰も「おめでとう」とも言わず、淡々とその日が終わってしまいました。私も“今さら誕生日を祝うような歳でもないだろう”と思い、声をかけませんでした。

 その翌日、妻が私にこんなことを言いました。

「あーあ、私の誕生日を祝ってくれたのは、業者からの迷惑メールだけ。個人情報が漏れているのは気に入らないけ...

August 3, 2018

「こんなつもりじゃなかったのに……」
「これから何を目標にすればいいのか……」

 人生の岐路において、こんな思いが胸をよぎったことはないでしょうか。


 例えば進学や就職などに際して、希望していた進路に進むことができなかったとき。不本意ながらも別の道を歩むことになったとして、どのように自分の気持ちと折り合いをつけていくのか。また、もともと希望していた進路であっても、「入ってみたらイメージと違った」等の理由から、急に気力をなくしてしまう場合もあるでしょう。


 長年、大学での道徳教育に携わってきた北川治男さん(麗澤大学名誉教授、公益財団法人...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

November 28, 2019

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

過去の記事
Please reload