このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

July 30, 2018

 シンガーソングライターの植村花菜さんが歌う『トイレの神様』がヒットし、日本レコード大賞優秀作品賞、作詩賞を受賞したのは平成22年のことでした。

 この曲は、植村さんが小学校3年から23歳までに経験した実話を元に、おばあちゃんと遊んだ子供時代から、家族とうまくいかなかった思春期、そして祖母の最期を見送るまでが、描かれています。サビの歌詞も、実際におばあちゃんから「トイレ掃除をすると、べっぴんさんになれるんだよ」と言われた言葉をもとに作られたそうです。

 初めて曲を聴いたときは、懐かしい情景が頭に浮かび、なんだか目頭が熱くなりました。女性...

July 19, 2018

|

「和をもって貴しとなす」聖徳太子の十七条憲法、冒頭の言葉として有名な「和」というこの言葉は、二つ以上の違ったものが、仲良く調和し、ほど良い状態になることを本来意味しています。「なご」む、「やわ」らぐ、という意味にもなるわけです。

 しかし、われわれ日本人は、この「和」というものをただ単に、争いを避け、他人(他国)に迎合する、事なかれ主義へと勘違いしてきてしまっているのではないでしょうか。このこと自体は言葉のうえでの「和」の問題だけではなく、「大和」ヤマトの国、日本の根幹を揺るがしている一因でもあると感じています。

 この「和」という言葉...

July 10, 2018

 ぽこぽこ。ぐるっ。

 つい先月までは時々お腹の下の方でぽこぽこと何かがはじけるような感覚でしかなかったのが、妊娠七ヶ月に入った最近では、びっくりするほどの大きな衝撃を感じることさえあります。元気に育ってくれている証拠だと嬉しさを感じつつ、子供が運んでくる「幸福感」というのは、何ものにも代え難いものだということを実感しています。

 つわりが始まったころには、人生で初めて経験する体調の悪さに戸惑いを感じましたが、それだけに、毎日元気に過すことのできる身体を授けてくれた両親にあらためて感謝しました。また、世のお母さん方が、こんなにつらい思い...

July 1, 2018

「こんなつもりじゃなかったのに……」
「これから何を目標にすればいいのか……」
 人生の岐路において、こんな思いが胸をよぎったことはないでしょうか。


 例えば進学や就職などに際して、希望していた進路に進むことができなかったとき。不本意ながらも別の道を歩むことになったとして、どのように自分の気持ちと折り合いをつけていくのか。また、もともと希望していた進路であっても、「入ってみたらイメージと違った」等の理由から、急に気力をなくしてしまう場合もあるでしょう。

 長年、大学での道徳教育に携わってきた北川治男さん(麗澤大学名誉教授、公益財団法人...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

November 28, 2019

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

過去の記事
Please reload