このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

May 31, 2018

「あの人は、どうして~してくれないのだろう」
「こうするのが『当たり前』だと思うのに……」
 家庭や学校、職場など、日常生活の場で身近な人たちと関わる中で、こんなふうに思ったことはないでしょうか。


 私たちは、物事がうまく運ばなくなったとき、その原因を他の人に求める心がはたらきやすいものです。しかし、私たちの生活は大勢の人々と関わり合い、支え合うことで成り立っているのですから、「周囲の環境がよくなりさえすれば、自分は何もしなくても幸せになれる」ということはないでしょう。
 

 お互いが安心して日々の生活を営むためには、周囲の人々に対す...

May 30, 2018

 先日、わが家に第一子となる女の子が誕生しました。その日は午前5時半に、妻の「痛い!」という大声に飛び起き、産婦人科病院へ連絡して入院。昼過ぎには、陣痛が本格的となり、LDR室(居室型分娩室)へと案内されました。

 そのころすでに、妻は陣痛の痛みに耐えるのに必死で、私の呼びかけに応える余裕はありません。一方、私のほうはというと、そんな妻の隣で、ただただ妻の腰をさすり続けることくらいしかできませんでした。そうして子供が生まれたのが、午後10時。妻は、16時間半の間、「生みの苦しみ」を味わったのです。

 生まれたばかりの赤ちゃんを見たとき、...

May 19, 2018

 数年前の夏のこと、私は従兄弟とともに荒れる海に飛び込みました。毎年訪れていて勝手知ったる庭のようなところだという油断もありましたし、若気の至りもあったのでしょう。

 その磯には岩がいくつもあり、押し寄せる大波に洗われていました。その中に、蛇が頭を持ち上げているような形のひときわ大きな岩がありました。そこには近づかないようにしようと心に決めたのですが、海に入って30分後、大波を食らって流された私は、その岩に張り付いていました。

“このまま大波で岩の下に引きずり込まれたら溺れてしまうかも!”

 寄せては引く波に翻弄されて冷静さを失い、波とと...

May 10, 2018

 私は10代から20代にかけて、何度か困難に出会いました。一度は命が危険にさらされたこともあり、そのときばかりは、正直、これはもう駄目だと思ったものです。ですが、なんとか乗り切りました。

 病気や怪我のほか、才能が伸びないという悩みもありましたし、学業上でも職業上でも、いくつかの困難に直面した経験から、私はある「ワザ」を学びました。

 今、なんらかの苦難・困難に立ち向かっている方もいらっしゃることでしょう。そうした方々に、少しでも楽になってほしいと願い、その「ワザ」を伝授したいと思います。そんなに難しいことでもなく、割と簡単なことです。

...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

November 28, 2019

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

過去の記事
Please reload