October 10, 2017

 出会った親子の風景に、私は爽やかな感動をもらいました。三十代前半かと思えるお母さん、幼稚園のバッグを背負った五歳ぐらいの女の子。園からの帰り道のようでした。その二人は、楽しそうに手をつないで、談笑しながら歩いています。人通りも少なかったことも幸いしてか、少し距離のあるところから見つめつつ歩いていても、その二人の雰囲気がよく伝わってきます。昼過ぎのどちらかというと慌ただしい時間でしたが、二人は違っていました。

 歩道はというと、秋風に散る落ち葉が道の片隅に吹き寄せられて、散らばっています。手をつないで歩いていた女の子が突如、「お母さん...

October 9, 2017

 今回(10/9)の『ニューモラル』の朗読は「「勇気」と「実行」の間」(No.563、平成28年7月号)。電車の中で席を譲るときに、その気はあっても、なかなかできないという主人公の話に、宮下和大・麗澤大学外国語学部准教授が、少しの勇気が自分を気配り上手な素敵な人にする……失敗も無意味じゃない。そしてそうした勇気が自分だけでなく、周りの世界を変えていく力になると解説しました。

(画像:宮下和大さんとパーソナリティの椎名倫子さん)

 インタビューコーナー「この人のちょっといい話」は、先週に引き続き、大阪の弁護士・西中務さんがご登場。47年と...

October 2, 2017


 10/2の19:30~20:00、ラジオ日本にて「モラジオちょっといい話」の第1回放送が行われました。

 第1部の『ニューモラル』の朗読は「「恩」を感じる」(平成28年9月特別編集号)。解説役の宮下和大・麗澤大学准教授が、私たちはたくさんの人に恩を受けているという意味から、目に見える「ありがとう」と目に見えない「ありがとう」があることを指摘。感謝の心が自分の心のエネルギーになると語りました。

(画像:宮下和大さんとパーソナリティの椎名倫子さん)

 第2部の「この人のちょっといい話」(インタビューコーナー)には、大阪の弁護士・西中務さん...

October 1, 2017

 ボランティアに関心はあるものの、なかなか手が出ない――そんなふうに思っている人は、意外と多いようです。もちろん、そこには時間的な制約や経済的な理由もありますが、「活動への参加方法が分からない」「きっかけがない」「何をすればよいかが分からない」といった思いから、実践に踏み出すことができない場合もあるでしょう。


 意欲があっても実践できない人の多くは、「ボランティア」ということを、つい大げさに考えてしまっているのかもしれません。しかしボランティアとは、何も特別なことではなく、ふだんの暮らしの中で当たり前に行われている「人と人との支え合...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

March 31, 2020

Please reload

過去の記事
Please reload

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round