このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

September 30, 2017

 私が東京都内の独身者用マンションに一人暮らししていた時のことです。今どきのマンションらしく、エントランスはオートロックで綺麗な住まいでした。しかし、どこの部屋にも名前が書いていなくて、隣にはどんな人が住んでいるのか、全く分からない状態でした。

 ある時、私はマンションのエントランスの鍵を持たずにゴミだしに出てしまったのです。朝の9時頃、ほとんどの人は仕事に出かけた後です。マンションから締め出されてしまった私は、一瞬頭が真っ白になりました。そこでマンションのエントランスのロックを解除してもらおうと、一軒、一軒のチャイムを鳴らしました。...

September 20, 2017

 小学2年生のお孫さんがいる先輩から伺った話です。

 娘さんの家を訪れ、準備してくれた夕食をいただきながら、丁度7時のニュースの時間になったので、先輩はいつもの習慣で、テレビのスイッチを入れました。するとお孫さんから「おじいちゃん! 食事中はテレビを見てはダメだよ」と厳しく注意を受けました。

「食事のときはテレビを見ない」という約束が娘さんの家ではされていたのでしょう。知らなかった先輩は、「大事なニュース番組だからちょっとの間だけ見せてよ」と食い下がったのですが、お孫さんから「ダメ」と拒否されてしまいました。

 そのとき娘さんが、「おじい...

September 9, 2017

 忙しい現代社会では、共働きが一般的になってきました。両親は仕事に家事、そして子供の世話に地域との関わりと時間がいくらあっても足りません。もう少しゆっくりさせて欲しい……と内心思いながら、社会を見わたせば治安の悪化、不安な教育環境や厳しい経済状況への対応に心落ち着いてはいられない方も多いのではないでしょうか。

 ですから、ついつい「おはよう」「元気かい」「何か辛いことでもあったのかい」「大丈夫だ、お前はお父さん、お母さんの子だからな」といった、何気ない言葉かけがおろそかになってしまいます。かけがえのないいのちを授かったあのわが子誕生の...

September 1, 2017

 科学技術が進歩し、日常生活を快適に送るための「モノ」で満たされた現代の日本社会。しかし今、「幸せ」を実感できないという人も少なくありません。

 「世界各国の中で、どこの国の国民が一番幸せか」ということを示す、興味深い調査結果があります。


 英国のシンクタンク「ニュー・エコノミクス財団」による「地球幸福度指数」の2016年版では、中米のコスタリカが首位となっています。面積は九州と四国を合わせた程度、人口は約481万人と、経済面も含め、決して大きな国ではありません。また、ここで上位となった国々は、メキシコ、コロンビアのほか、バヌアツ、ベ...

September 1, 2017

 今日の日本は、多くの問題を抱えて先の見えない、いつぬけるともわかららないトンネルの中に入ってしまって右往左往しているように思えてなりません。

 こんなときだからこそ、自分の立ち位置を見つめなおし、何が大切なのかについて、じっくり考え、生活の中で実践していくことが求められていると思います。

 そこで家庭生活の中で、親子共々にもう一度あらためて基本に返ることを提案したいと思います。

 それは、「おはようございます」「行ってきます」「お帰りなさい」「いただきます」に象徴されるような日々の挨拶の言葉です。また、「ありがとう」「ご苦労さん」などの...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

November 28, 2019

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

過去の記事
Please reload