このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

December 9, 2019

 家庭内で起きた事件がメディアで取り上げられるたび、壊れてしまった家庭ももともとは笑顔があふれる夫婦から始まったのであろうし、子供が誕生したことで喜びに包まれた瞬間もあっただろうに……と、その風景が浮かんできて、悲しさが心に広がります。どこか廃墟と化した遊園地を見るような気がして、やるせない気持ちになります。

 家庭の中の明るさは、夫婦の仲の良さ、笑顔の多さに投影されたものと感じます。夫婦仲が悪く笑顔がなければ、どうしても家の中は明るくならないし、安心が生まれません。さらに言えば、よくも悪くも、子供は両親の姿を見ているので、その後ろ姿...

November 28, 2019

 本年も残りあとわずかとなりました。師走になると、何かと慌ただしくなり、各施設や各家では大掃除が始まります。ところで、私は掃除自体は好きなのですが、この「年の瀬の大掃除」が、どうにも苦手です。

 会社でも仕事納めの前に大掃除を行うのが恒例です。そのときに、何人かのグループごとに動くのですが、そうすると、普段の掃除をほとんどやらないような人が、その時に限って、一生懸命、他の人以上に働き始めてしまうことがあります。そうなると、周囲は計画通りに動けなくなり、その人はその人で、自分だけが一生懸命やっているような感覚になり、他の人がなまけている...

November 19, 2019

ラグビーワールドカップ日本代表のキャプテン、リーチマイケルの銅像(千代田区丸の内)

 日本で開催されたラグビーワールドカップ(令和元年9月20日~11月2日)。数々の流行語を生みだすほど盛り上がりました。その最中のお話です。

 「佐藤さん(仮名)、ラグビーやってたんですってね。どのポジションだったんですか?」

と廊下で話しかけてきたのは、他部署のパートの女性。現役でやっていたのはもう20数年も前のことなので、あえて会社では声高に言っていなかったのですが、課内で話したことがパートさん同士の会話で伝わったようです。

 「フルバックです」(背番号...

November 8, 2019

 中国の古典(『孝経』)に、次のような言葉があります。

「身体髪膚、これを父母に受く。敢て毀傷せざるは、孝の始めなり」という言葉が中国の古典『孝経』にあります。私たちの体は毛髪・皮膚に至るまで、すべて親からいただいたもの。それを痛めたり傷つけたりしないようにすることが、親孝行の始まりであるという意味です。

 私たちは、親祖先の存在があって、この世に生まれてきました。親にすれば、子供が社会的に高い地位を得て、経済的に豊かになっても、常に親はわが子の健康を心配し、気づかっているものです。その意味で、私たちはまず自分の健康に気をつけて、親に安...

October 29, 2019

 過去に、家事について何度か夫とケンカに発展した話です。

 家事を分担して行う我が家。基本的に家にいる時間が長い私が主体となってやっています。効率を考えれば、そこに問題は感じません。しかし、作業のやり方が、夫と私では全く反対なのです。

 例えば、掃除。私は汚したらすぐにきれいにしないと気が済まないタイプ。でも、おおらかな夫は、散らかすだけ散らかしてから、一気に片付けるタイプ。「足の踏み場がない」と小言を言うと、「まだ大丈夫」「あと3パーセントくらい余白があるよ」などと返ってきます。

 シンクに食後の食器を置くにしても、夫が皿を洗うかもしれ...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

November 28, 2019

November 8, 2019

October 19, 2019

Please reload

過去の記事
Please reload