March 30, 2020

 4年前のクリスマス、小学校5年生の息子にサッカーシューズをねだられて、スポーツショップ巡りをしたときのことです。

 息子がほしかったのは、ユニフォームに合わせた緑か青の靴。ところが売り場にはほとんど並んでいません。足のサイズは24センチで、店頭の靴はあってもサイズが小さいか大きいかのどちらかです。そこで、店員に声をかけ、在庫も調べてもらいましたが、やはりないとのことでした。

 その後、あきらめきれないのか、息子は靴売り場を行ったり来たりしていました。しばらくすると、別の店員が声をかけてくれました。

「緑か青ですか? ……今は赤が流行りな...

March 10, 2020

「世の中には二種類の人間がいる」

 こういう言い回しを、小説やドラマの中でよく見かけることがあります。これにならって、これからのお話しを表現すると、

世の中には2種類の人間がいる。

「私にわかるように話せ」

という人間と

「私が理解してみせよう」

という人間が――

とでもなりましょうか。以下は若かりしころの私の体験です。

 取引先に電話をすると、年配の男性が受話器を取りました。用件を話したところ、担当部署に電話を回してもらうことになりました。

「失礼ですが、もう一度お名前をお願いいたします」

 そこで、私が自社名を言いかけると、その言葉をさえぎって、

「...

January 17, 2020

 20世紀末のある年末、テレビで「2001年宇宙の旅」が放映されたことがありました。内容にいたく感動した私は、アーサー・C・クラーク著の原作小説を求めて書店に出かけました。

 書棚を見ると、私と同様に原作を買いに来た先発者がいたのか、数あるクラークの小説の中で、その本だけが欠品しています。そこで近くにいた店員に、「アーサー・C・クラークの『2001年宇宙の旅』の在庫はありますか?」と声をかけ、探してもらいました。

 しばらくしてバックヤードから戻ってきた店員が、私にこう言いました。

「お客様、2001年の『朝日グラフ』はございません」

 “...

January 9, 2020

 秋ごろだったか、冬服がほしくなり、洋装店を訪れたときのことです。何着か見て回っていると、若い店員から声を掛けられました。そこで、「上着を探しているのですが……」と伝えると、

「あ、アウターですね。今の時期でしたら……」

と商品の説明を話し始めました。そのときになんとなく違和感を覚えたのですが、それが何であるかわかりませんでした。

 しばらくその店員とともに上着を選び、「厚手のズボンを……」と言いかけると、

「あ、ボトムスのことですね」

と返ってきました。さらに、試着室の場所を聞いた時の、

「あ、フィッティングルームはこちらです」

という答えで、...

October 19, 2019

 先日高速道路を気分よく走っていると、工事のために車線が合流することに気づくのが遅れ、直前で車線変更し、横を走る車に割り込む形となりました。同乗者からは「危険だよ。気を付けて!」と言われ、大いに反省しましたそんなときに、私は次のような一節を目にしました。

 ――車の速度が上がれば上がるほど、ドライバーが認識できる視野は狭まります。高速道路上で車を運転しているとき、インターチェンジの合流地点でスッと脇から進入してくる車にヒヤリとした経験がある人も多いでしょう。

 私たちの心も〝それはこうに決まっている〟〝自分は絶対に正しい〟という一方的な...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

March 31, 2020

Please reload

過去の記事
Please reload

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round