December 19, 2019

 多くの家庭と同様に、我が家でも子育てに関しては主に妻が力を入れています。子供と接する時間が父親に比べて母親のほうが長いので、こればかりは仕方ないことなのかもしれませんが、ともかく父親として子育てに関与していく隙間が少ないのが現実です。

 いささか手前みそになりますが、私が妻の子育てを見ていて思うのは、本当に細かなところまで心を使っていて、到底真似できそうにないということです。

 例えば、子供に対して道筋を指し示すことはあっても、押し付けがほとんどありません。「勉強しなさい」と伝える場面があったとしても、ストレートにそう言わず、「将来、...

December 9, 2019

 家庭内で起きた事件がメディアで取り上げられるたび、壊れてしまった家庭ももともとは笑顔があふれる夫婦から始まったのであろうし、子供が誕生したことで喜びに包まれた瞬間もあっただろうに……と、その風景が浮かんできて、悲しさが心に広がります。どこか廃墟と化した遊園地を見るような気がして、やるせない気持ちになります。

 家庭の中の明るさは、夫婦の仲の良さ、笑顔の多さに投影されたものと感じます。夫婦仲が悪く笑顔がなければ、どうしても家の中は明るくならないし、安心が生まれません。さらに言えば、よくも悪くも、子供は両親の姿を見ているので、その後ろ姿...

September 19, 2019

  数年前の夏休み、家族で帰省した帰り道で、ファミリーレストランに寄ったときのことです。

 妻と子供たちがそれぞれ食べるものを選び、私はアボカドハンバーグをオーダーしました。食べ終えてコーヒーを飲んでいると、店員が食器を下げにやってきました。そして、私が食べ終えた皿を目にしたとき、なぜか「たいへん申し訳ございません」と謝り始めたのです。なにが起きたのか、理解できませんでした。皿の上には私が取り除いたアボカドの皮があるだけ。尋ねると、本来ならばアボカドは皮を外して提供するものだったとのこと。

 皮付きのアボカドが添えられていることが普通だ...

September 10, 2019

 今から10年ほど前、息子がまだ幼稚園に通っていた時のこと。息子がこんなことを言い出しました。

「先生は“挨拶をしよう”ってボクたちに教えてくれて、毎日、みんなと挨拶をするし、みんなも挨拶をしてくれるけど、幼稚園の前の家のおじいさんは、なんで挨拶してもいつも黙っているのかな」

 私が何と言えばいいのか言いよどんでいると、妻がこう答えました。

「そうかぁ。毎日、教わった通り、ちゃんと挨拶しているんだ。偉いわね。それでね、お母さんにも“挨拶してくれない人”っていたんだ。最初はムスっとした顔で何も言わかったんだけど、何度も挨拶するうちに、少しず...

August 29, 2019

 人は、たいていの場合、自分の正しさを信じているものです。その正しさは「普通」とか「通常」という言葉に置き換えられます。

 ところが、往々にして他の人と意見の食い違いが出るもので、家庭の中でも、結婚したばかりの夫婦が今まで育ってきた環境の違いから、お互いの意見がぶつかり合うことも。例えば、「目玉焼きには醤油かソースか」「掃除は風呂が先か、台所が先か」など……。

 それらのことは、家庭内で帰結するルールなので夫婦で話し合えば済むことですが、明文化された法律になると、話がややこしくなります。

 車の運転をしているとよくわかるのですが、道交法を...

Please reload

このブログは公益財団法人モラロジー研究所が長年の研究・教育の成果を多くの方々にフィードバックするために運営するものです。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

​このブログについて
最新の記事

March 31, 2020

Please reload

過去の記事
Please reload

このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作物の全部または一部をモラロジー研究所の了解なく複製、転用することを禁じます。
〒277-8654 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3111(代) FAX:04-7173-3113

公益財団法人 モラロジー研究所

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round